古い住宅を子どもの名義にしたい

先日あったご相談

以前から使っていない住宅があり、そこに所有者さんの子(成人)が使って住むようになりました。
他にもご兄弟はおられますが、それぞれに自宅があるので、この住んでいるお子さん名義にしたいというご相談でした。

最初にご提案したのは、贈与と贈与の相続時精算課税制度。
 今贈与するので、親の目の黒いうちに確実に手続きが進められます。相続時精算課税制度を使うので、この時点での現金の持ち出しもありません。(※1)
 一方で、登録免許税、不動産取得税がかかります。相続時精算課税制度は、確定申告が必要ですが、忘れると多額の贈与税がかかります。

相談者からは、お子様は仲がいいから相続時でもかまわない。とのことでしたので、最終的に「公正証書遺言の作成」をおすすめしました。
 公正証書遺言があれば、相続登記は簡単に進められ、相談者さんの「ここに住んでいるお子さんの名義にしたい」というご希望にも添えます。

※1.相続時精算課税制度は、この場合の上限は課税評価額で2500万円です。超えた場合は、超えた部分に20%の贈与税が一旦かかります。

安藤 寿

1月の円満な相続勉強会

こんばんは!
行政書士の河津真子です。

昨日の相続大相談会に引き続き、
今日も安藤不動産にお邪魔してきました!

今日は、相続人がみなさん相続放棄してしまったら
不動産はどうしたら良いのかな?
という疑問についていろいろお話をしてまいりました。

相続が発生して自分が相続人となった場合、
マイナスの財産がプラスの財産を上回っていれば
「相続放棄」という選択があります。

相続放棄は、プラスの財産もマイナスの財産も
全ていりません!!と裁判所に対して
申立をします。

ただし、不動産については
相続放棄をしても次の相続人が決まるまで放棄をした相続人に管理義務があります。

【民法第940条】
相続の放棄をした者による管理
相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、
自己の財産におけるのと同一の注意をもって
その財産の管理を継続しなければならない。

なので、古い家屋が崩れたり火災などにより
誰かが被害を受けた場合は、その損害賠償責任を
相続放棄した人が負う可能性がある、
ということなのです。

1月の相続大相談会

こんばんは!
行政書士の河津真子です。

この週末、20日・21日は
安藤不動産にて相続大相談会が開催されました。

相続や、それにまつわる諸問題について
こういうことって誰に聞けば良いのかな~?と
お悩みになる方が多いように思います。

どのようなことでもまずはお話いただけれは、
解決の糸口が見つかるかもしれません。

複雑に考えていたことが
案外、簡単に解決するかもしれません。

まずは相談会にお越しくださいね!

会員紹介 大野修平

勤務地 稲沢市高御堂1丁目22番3号栄ビル2階
    司法書士 大野修平事務所

想い  この関係の仕事をしていて思うことは、みなさん誰もが本当は優しくて
    思いやりのあるいい人ばかりで、自分や家族・仲間を大切にする気持ちが
    強いということです。ただ、それが関係者間の知識・情報量の差や
    コミュニケーションロス&ギャップによって不要な争いを招いてしまう・・・
    その隙間を埋めるお手伝いができればと日々考えています

保有資格  司法書士
      日本トライアスロン連合第2種公認審判員

趣味  マラソン(サブ3挑戦中)、トライアスロン(ミドルまで、水泳ヘタです)
    大学時代はワンダーフォーゲル部(登山、山スキー、沢登りなど)

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の初詣は近所の氏神様などにもお参りしてきましたが、熱田神宮にもお参りに行ってきました。お正月にも関わらず桜が咲いていました。四季桜?寒桜?ネットを見ても判然としませんでしたが、何はともあれ、いっそう、めでたい気分になりました。

相続大相談会

こんばんは!

行政書士の河津真子です。

12月16日、17日は安藤不動産において相続の相談会を開催しました。

17日は、朝から雪がちらつくような寒さでした。そのような中、お越しいただいた相談者様には心からお礼申し上げます。

来月以降、定期的に相談会開催を予定しております。

相続・遺言でお悩みの方はぜひお問い合わせくださいね。

 

相談の合間は民事信託のお勉強!

公証人のお話では、信託公正証書作成件数は、あまり多くはないようですが(作成件数No.1は遺言公正証書です。)

いろいろな可能性がある手法だと思います。

 

会員紹介 河津 真子

はじめまして!
行政書士の河津真子です。

愛知県春日井市にて
相続手続き、遺言書作成支援、離婚協議書の作成、
成年後見制度利用のサポートなどをおこなっております。

法律や行政手続きのご相談というと
難しい専門用語や法律の話ばかり、といったイメージを
お持ちになる方が多いと思いますが、
分かりやすい説明と、話しやすい雰囲気作りを
心がけております。

身近な町の法律家として常に学びと研鑽を怠らず、
お一人お一人の幸せと価値観を大切に
皆様のお役に立てるようがんばります。

どうぞよろしくお願いいたします。

河津 真子

事務所名称 :行政書士河津真子事務所
代表 河津真子
事務所所在地:愛知県春日井市大和通一丁目70番地1
大和ビル3階
電話番号  :0568-37-2282
http://kawazumasako.sakura.ne.jp
所  属  :愛知県行政書士会(登録番号 第15191200号)
趣  味  :旅行
ヨガ(講師として約10年スポーツクラブ等で
レッスンをしています。)

 

相続対策専門士 資格更新

12月に入り、寒くなってきました。インターネットの天気予報でも12月12日には、一宮でも雪が降る予報が出ていました。寒い日が津津いきますが、ご自愛下さい。

さて、私にとって毎年12月は、「不動産コンサルティングマスター相続対策専門士」の更新テストがあります。民法、相続税法、民事信託などの問題が15問、選択式ですが、全問正解するまで終わりません。

最初は、15問中正解は9問、正解は民事信託が多く、不正解は相続税法が多かった感覚です。また、勉強し直します。

宅地建物取引士 安藤 寿
http://www.ando-fudousan.com/
(不動産コンサルティングマスター相続対策士、FP)

会員紹介 安藤 寿

安藤 寿(あんどう ひさし)

勤務地
安藤不動産
一宮市千秋町芝原字下山6番地2
http://www.ando-fudousan.com/
http://www.forus-ando.com/

想い
一宮市千秋町で不動産業を営んでいます。
市街化調整区域のかたまりの地域で、一律同じ手法では対応しきれません。
いかに合法的に不動産を活用するか、アイデアを出すことが大切と考えます。
相続対策も同じ。一人ひとりに合った相続対策を仲間の専門家と一緒に考え提案します。

保有資格
宅地建物取引士、不動産キャリアパーソン、FP3級
不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士

趣味
旅行(乗り鉄)、写真撮影(主に鉄道)
京都のゑびす神社にはよく参拝に行きます。

経歴
昭和50年 愛知県一宮市生まれ
昭和62年 一宮市立千秋東小学校卒業
平成 2年 一宮市立千秋中学校卒業
平成 5年 大成高等学校卒業
平成 9年 東亜大学卒業
平成11年~安藤不動産

相続対策にあわせて、資産管理対策も

不動産業を営んでいると、親が所有している不動産を売却したいとか、貸したいというご相談をいただくことがあります。しかし、所有者本人の意思表示ができない場合、成年後見制度を使うことになります。

しかし成年後見制度は、裁判所の許可が前提ですし、手続きに時間も費用もかかります。また、いったん成年後見人の制度が適用されてしまうと、その方が亡くなるまで毎年裁判所に資産状況や支出を報告する義務が発生します。

円滑に進めるために、任意後見契約や民事信託の手続きがとってあるとずいぶん変わります。

宅地建物取引士 安藤 寿
http://www.ando-fudousan.com/
(不動産コンサルティングマスター相続対策士、FP)