円満な相続

相続は、両親の内、最初の親が亡くなった時の1次相続、二人目が亡くなったときの2次相続があります。1次相続は片親が生きておられますが、2次相続は両親ともなくなられています。

なので、1次相続でできるだけ不動産を子に分配し、2次相続の時にはできるだけ現金預金だけが残るようにすることで、「円満な相続」が実現することが理想と思っています。